ホーム会社案内企画設計建築工事実績logoメンテナンス関連リンク日本のアーケードの歴史
アーケードとは 日本のアーケードの起源 アーケード出現状況 
アーケードとは 日本でのアーケード
雪国のがんぎ
道路上の日除けテント 
     市場の木造屋根
     法定のアーケード  建築基準法第44条第1項但書
     (公共用歩廊)   アーケード設置基準
外国での名称
ポ ル テ ィ チ      〔ローマ〕
ポ ル テ ィ コ      〔ローマ〕
ア ー ケ ー ド     〔イギリス〕
コ ロ ネ ー ド(歩廊)    
キ ャ ノ ピ ー        
ス ト ア         〔ギリシャ〕
ガ レ リ ア       〔イタリア〕
バ ザ ー ル         
パ ッ サ ー ジ ュ   〔フランス〕
ク ロ ー ズ ド モ ー ル     
プ ラ ザ

アーケードの言葉の意味
辞書・国語大辞典(小学館) (英arcade)で調べると、以下の意味です。
アーケード
1 連続したアーチをもつ構造物。大きな建築物のわきの柱に架けたものなど。
また、かまぼこ形の天井をもった通路。拱廊(きょうろう)。
2 屋根のようなおおいを設けた商店街。
3 商店、飲食店などの並んでいるビル内の通路。
雁木
 東北や信越など、雪の深い地方で、軒からひさしを長くつき出して道をおおい、
積雪中でも通行できるようにしたもの。

日本のアーケードの起源

日本のアーケードを区分するとアーケードの果たす役割によって、3種類に分けられる。
1.共同日覆い  全蓋式(道路全面を覆った)アーケード
2.庇下      片側式アーケード(道路の片側部)
3.雁木(小店)  建物の軒下

 3種類の区分は地域的要因によってアーケードの成立要因となる。



関東地域
柱武家「庇下」
片側式
17世紀半ばの明暦の頃の江戸では、
表通りに面した町屋前面に、幅一間程度の
「庇下」アーケードとも呼ぶべき連続した通路
が存在していた。「廊下」アーケードは、
江戸幕府の体面を整えるという意味から、
町並景観の整備を行うために作られたものであったが
幕末には、暖簾に囲まれ個人的に商業空間として
利用されるようになった

「江戸伝馬町、道幅八間、左右溝アリ、溝ヨリ内、一間ヲ犬走りト称シ、コレニ庇ヲカケテ、往来二便ニス、雨雪ニ、傘ヲ用ヰザリキ」(大言海より)
明治初期には銀座煉瓦街が建設される、
今日見られる片側式アーケードの原型となる。
銀座煉瓦街は、都市の不燃化のために、
特に対外的に明治新政府の偉容を示すために、
総延長6000m以上にわたって作られた。
列柱歩廊をもつ煉瓦造の商店街である

東京のアーケードは、昭和10年末の東日本では、
共同施設として日覆い」を整備している商店街は
ほとんどなかった


北陸、日本海側
雁木(小店)通り
片側式
雁木は、道路両側の軒下をつけた家が密接して連続した
町並みを形成している。上越市の高田城築当時になかったが
その後近い時期に降雪時の通路として建設された。

弘前市こみせ(小店)通りは享保年間(1716-1735)の頃から、
続きの店構えの商家が多くなったと史に書かれた書がある。

西日本地域
共同日覆い
全蓋式アーケード
商店街単位で整備された「共同日覆い」を持つ商店街は、ほとんど西日本、
特に瀬戸内地方に集中している。
これは、特に温暖多照小雨の特徴をもつ瀬戸内地方の気候に関係があり、
夏季には、強い日射を遮る必要があったことによると考えられる、
昭和10年当時は、現在のように食品の保存技術が進んでおらず、
また衣料品を扱う店舗にとっては商品の日焼け」を防ぐ意味からも日覆い」は重要であった。
さらに西日本は、東日本に比べて商業集積の度合いが高く、
商店街としてまとまっていたため、共同事業として旧覆い」の
整備を進めやすかったと考えられる



近年アーケードの出現の状況

昭和20年代後半には、民間でも比較的鋼材を使用できるように
なったため、鉄鋼式のアーケードが建設された。

1)シルバーアーケードおよびシルバーオーニング
アルミニウム製の長尺開閉羽板で屋根を葺く点
に特徴がある
桁行方向に細長いアルミニウム羽板を開閉する
ことで光量を調節し、雨を防ぎ、
さらに火災時の排煙を行うものである。

構造体には鉄が用いられ、後半期になると、

アーケードの屋根の一部分に明かり取り用の
合成樹脂板を用いたり、

化粧板のみの簡単な天井を備えた。
2)合掌型アーケードおよび梁型アーケード
断面が200×100程度の比較的太い梁を
合掌型に組み合わせて屋根を形作ったアーケード。

軽量形鋼をラチスぱりに組み合せて用いていた。
合掌型の屋根は、初期の段階では直線状であったが、
後には曲線状になった。

屋根材の材質には、
前半期には主に組入ガラス波板、
後半期には主に強化ポリエステル波板が用いられた。

また後半期からはアルミニウム板による天井を備えだした
3)ルーバー型アーケード
左右の天井間に光量を調節する
金属板製のルーバーを取り付たアーケード。

ルーバーの材質には、最初期の頃のみ鉄が用いられたが、
多くはアルミニウムが用いられた。
全体の構造および屋根の材質は、
合掌型アーケードに準ずる
4)ドーム型アーケード
75×45程度の比較的細い角形鋼管を母屋
および小梁として十字に組み
合わせて屋根を形作ったアーケード。

なお「ドーム型」アーケードの呼称については、
屋根の形状から、本来ならば、「ヴォールト型」と
呼ぶべきであるが、既に「ドーム型」の呼称が一般的
になっている。

屋根の形状については、当初半円アーチ、
むくりをつけるなど、しだいに多様化した。
屋根材の材質には、前半期にはFRP平板が、
後半期にはポリカーボネイト平板が用いられている。