HOME 九州地区 四国地区 中国地区 近畿地区 中部地区 東日本地区 街路整備

昭和レトロの雰囲気を生かした高崎中央銀座アーケード改築工事

商店街立地

高崎駅西側にあり、古くから繁華街として栄えた一帯にある商店街。中心市街地のやや北西に位置し、鞘町、中紺屋町、寄合町、新紺屋町にまたがる南北に長いアーケード街で、全長約430m。H26年の豪雪により50mにわたりアーケードが崩落。昭和レトロの雰囲気を生かした屋台横丁コンセプトで茶色を基調とした木質感のアーケードを復旧した。

アーケード規模

道路幅  7.5M 長さ 125M
所在地 群馬県高崎市新紺屋町
平成29年10月完成

アーケード仕様

基礎:鋼管杭基礎/鉄骨/採光部:ポリカーボネイト樹脂/設備:消火足場、消防隊用とはん梯子、連結送水管、照明設備、 開閉屋根設備

工事内容

発注者 高崎市
元請け 研屋・昭和建業JV
電気設備工事、消防設備工事、杭工事、石工事を除く本体工事を(株)Fujitaka施工


高崎中央銀座アーケード写真 高崎中央銀座アーケード写真 高崎中央銀座アーケード写真 高崎中央銀座アーケード写真 高崎中央銀座アーケード写真

2014年豪雪被害

2014年2月の大雪で屋根の一部が崩落して
鉄骨だけになった高崎中央銀座アーケード写真を改築
高崎高崎中央銀座アーケード写真 改築前
高崎中央銀座アーケード写真

ロケ地

この場所は屋根が崩落し荒れ果てた雰囲気が映画やドラマのロケ地として注目され 映画橋本環奈『セーラー服と機関銃 卒業』と、EXILE主演の映画三代目JSB『HiGH & LOW THE MOVIE』は、高崎市で大々的に撮影が行われた所である。