HOME 九州地区 四国地区 中国地区 近畿地区 中部地区 東日本地区 街路整備

東淡路商店街振興組合

立地/東淡路8街区11街区

東淡路商店街振興組合は、阪急京都線・淡路駅の東側に隣接した商店街である。平成6年に都市計画決定された土地区画整理事業(8.9ha)、阪急電鉄の連続立体交差事業の他、JRおおさか東線の新駅設置がされているなど、周辺の街並みが大きく変わってゆく中でのアーケード新設竣工。

建設規模

道路幅  6M 長さ 73M
所在地 大阪市東淀川区東淡路

アーケードについて

新設アーケードは防災・防犯強化型として、消防署、警察署と連携し、非常放送設備、非常警報設備、防犯カメラ、AEDの設置により安全・安心な街路を実現している。また太陽光パネルを設置するとともに、照明はLEDを採用し環境に優しい省エネ型のアーケードでもある。

当社 Fujitaka新築施工

当社 設計施工
平成25年3月完成
元請け施工(杭基礎/鉄骨/内装/屋根/外装/設備を含む)


東淡路アーケード 東淡路アーケード 東淡路アーケード