HOME 九州地区 四国地区 中国地区 近畿地区 中部地区 東日本地区 街路整備

金座街商店街振興組合link


金座街アーケード 金座街アーケード 金座街アーケード 金座街アーケード 金座街アーケード

商店街の立地

広島市中心部の商店街で、南側には広島パルコがあり、パルコのある解放部を挟んで西側に広島本通商店街が、南側に並木通りが伸びている。東側に向かってえびす通り商店街が、西側に広島市中の棚商店街が伸びている。店舗はファッション店が主でナショナルチェーン店や大型店と、地元の老舗が共存している。1929年福屋八丁堀本店の出店を契機に、東京の「銀座」よりも立派な街にしようとの意気込みで、通りの名を「金座街」と命名。

当社 Fujitakaカミムラ式アーケード施工

平成6年3月完成

元請け、建築工事一式

 工事内容 基礎:杭基礎/鉄骨/天井:アルミ/採光部:アルミサッシュガラス/設備:消火足場、消防隊用とはん梯子、連結送水管、照明設備、開閉屋根設備
  

アーケード規模

道路幅 10M 長さ 289M
片流れ 全蓋形式 鉄骨造 平屋建
所在地 広島市中区本通
設 計 新広島設計

アーケード建設歴史

昭和36年 金座街にアーケード完成
昭和52年 アーケードを大改修
平成6年 アーケードリニューアル当社施工
クリスタルアーケード完成 「光と花のアトリウム」としてガラスを使った新アーケードが完成。
平成8年 カラー舗装リニューアル